Are you the publisher? Claim or contact us about this channel


Embed this content in your HTML

Search

Report adult content:

click to rate:

Account: (login)

More Channels


Showcase


Channel Catalog


Articles on this Page

(showing articles 1461 to 1480 of 3474)
(showing articles 1461 to 1480 of 3474)

Channel Description:

安倍なつみ、松浦亜弥、モーニング娘。、真野恵里菜、ハロプロ、倉木麻衣、映画、野球、サッカー、バレーボールが好きな40代の会社員です。日頃感じたことを気ままに書きたいと思います。よろしくお願いします。

older | 1 | .... | 72 | 73 | (Page 74) | 75 | 76 | .... | 174 | newer

    0 0

    イメージ 1

    なっちは動画の話しで止まらなくなって、
    マンスリーテーマのメールを読む時間が
    無くなっちゃいましたねえ(笑)。


    5/17にbayfmさんで放送された
    なっちのレギュラーラジオ番組
    『あなたに会えたら』の第312回を
    7日遅れでインターネットラジオで聴きました。

    さて今回は、
    眼球をキズつけてしまった話し、
    ニューアルバムの制作の話し、
    FCイベントの話し、
    そして動画の話しが興味深かったですね。


    まずは、
    眼球をキズつけてしまった話し。

    なっちは先日、
    吉野家の新作メニューの発表会の前に、
    まつ毛ビューラーで眼球を
    ジュッとやってしまったとのこと。


    角膜をキズつけてしまって、
    しばらくは眼帯をしていましたね。



    なお、
    会う人、会う人に心配され、
    みんないつも以上に優しかったとか。


    そのたびに説明していたそうですが、
    今はすっかり大丈夫で
    ご心配をおかけしましたと話していましたね。



    またなっちは、
    先週も今週も
    ニューアルバムのレコーディングの
    毎日だったとのこと。


    歌入れがようやく終わって、
    あとはミックスだそうです。



    なお今回もバックはほぼ生音なので、
    ミュージシャンの方に協力して頂いて、
    贅沢な仕上がりになったとか。

    ニューアルバムは2枚組の豪華版で、
    ジャケ写も含めて楽しみにしていてほしいと
    語っていましたね。



    また話しは変わって、
    5/3はFCイベントを行なったなっち。

    なっちのイベントは、
    毎回トーク中心のゆる~い感じですが、
    今回はGW中ということもあって、
    歌でお返ししたいと思ったとか。


    歌を聴きたいという声も多く、
    バンマスの和田さんを迎えて
    キーボード1本で歌っていましたね。


    なお、
    FCイベントで披露した曲の中で、
    『小さい頃から』は今歌うとダメとのこと。

    この曲は、
    なっちが歌手を志すきっかけとなった曲ですが、
    当時の辛かった時に聴いて
    励まされたことが思い出されて、
    想いが溢れてしまうのかも知れませんね。

    なっちは、
    音楽の力は本当に凄くて、
    本当に名曲だと思うとしみじみと語っていました。



    一方、
    朗読のコーナーから動画の話しになり、
    止まらなくなってしまったなっち。

    動画はず~っと見ていられて、
    癒されるそうです。



    例えば、
    幼い時に人間に育てられて、
    その後自然に戻らさせられたライオンやゴリラに
    当時飼育していた人が会いに行く話し。

    野生の中で再会したそうですが、
    ライオンやゴリラが会いたかったと
    愛情表現を示す動画に癒されているそうです。


    また、
    ミュージカル『アニー』の
    オーディションやその後の稽古の動画では、
    厳しく指導されながらも
    懸命に頑張る姿に癒されるとか。


    ひたすら見ていて癒されて
    朝になってしまうこともあるみたいですね。


    ということで、
    今回はとにかく動画の話題で、
    話しが止まらなくなってしまったなっち。


    思い入れタップリに興奮気味に話していましたが、
    久々のなっち節全開で
    聴いているこちらが癒されちゃいましたね・・・。

    0 0

    イメージ 1

    かにょんは確かに文章は上手いけど、
    作詞はまた別の才能なので、
    かなりチャレンジングな夢を目指すことになりますねえ。


    かにょんが自身のオフィシャルブログで、
    アンジュルム卒業後は復学してきちんと大学を卒業し、
    その後は「作詞家」としての第二のデビューを目指したいと
    宣言しました。


    卒業に関して会社の人と相談する中で、
    文章を書くことに向いているから
    作詞にチャレンジしてみないか?といわれたとのこと。


    かにょん自身、
    文章を書くことはすごく好きだけど、
    作詞というのは本当に未知の世界。

    でも、
    ハロー!を卒業して
    作詞の道に進んだ先輩は今までにいないし、
    誰もやってないことに
    どんどんチャレンジしていきたいと思っていたので、
    そのお話をいただいたことが素直に嬉しくて、
    挑戦してみたいと思ったそうです。



    そして、
    実際に今年の初めから作詞の勉強を
    スタートしたとか。

    基礎から教わり、
    自分でノートに書きためたり言葉を連ねていくことが
    本当に楽しくて少し自信もつき、
    最近は褒められたりすることもあるそうです。


    う~ん、
    かにょんはまずアンジュルムの卒業が先で、
    その後に作詞家としての夢が膨らんできたんですね。

    文章を書くことと作詞することはまた別の才能ですし、
    ハードルが高くてチャレンジングな夢だけど、
    かにょんが決めた道ならば応援したいと思います。

    会社も数多くのアーティスト(作詞家、作曲家)を抱えていて、
    その中でかにょんの才能を認めたのであれば
    今後も後押しするでしょうし、
    アイドル活動で培った感性に期待したいですね・・・。

    0 0

    イメージ 1

    週刊プレイボーイNo.23に、
    「誰?」というキーワードで掲載された
    オトナももちの画像。


    アイドル全開の時は幼く見えるももちですが、
    23歳のれっきとしたレディーですからね・・・。

    0 0

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    常に全力疾走でキラッキラのステージは、
    アンジュルムに改名して
    さらにパワーアップしていましたねえ。


    昨日(5/26)、日本武道館で行われた
    「アンジュルム STARTING LIVE TOUR SPECIAL
    @日本武道館『大器晩成』」に参戦しました。


    アンジュルムのライブは、
    スマイレージ時代からハロコンで見ていましたが、
    単独にライブに参戦するのは初めて。


    ハロコンで見ていた時は、
    いつも全力で駆け抜ける感じで、
    単独ライブだとどう変化をつけるのかと思っていましたが、
    オープニングからラストまで全力疾走。


    しかも、
    アンジュルムに改名して3期メンバーが加入したことで、
    さらにパワーアップしていましたね。



    アンコールのMCでりなぷ~が言っていましたが、
    自分も変えるための体力はいつも残すのですが、
    今回は力を使い切ってしまった感じ。


    自分は5/27はモーニング娘。'15のライブで、
    武道館の連チャンになるのですが、
    体力が持つか心配になってきちゃいました。


    それでは、
    メンバー別にレポしてみたいと思います。

    ●和田彩花

    華やかで可愛らしくて、
    でも歌は誰よりも安定していて、
    エースとして、そしてリーダーとして、
    アンジュルムを引っ張っていたあやちょ。


    かにょん卒業後は、
    昨年までのさゆみんと同じ状態になりますが、
    エースとリーダーの重責は愛ちゃんクラスで、
    過去の誰よりも
    責任とプレッシャーがかかってしまうかも
    知れません。


    でも、
    パフォーマンスで引っ張っていける今のあやちょなら、
    きっと乗り越えられるはず。

    どこか天然でおっとりしてる性格も
    きっとプラスに作用すると確信しています。



    ●福田花音

    11/29に日本武道館で
    卒業することを発表したかにょん。


    卒業までは、
    アンジュルムに人生の全てを捧げて、
    突っ走ると宣言しました。



    なお、
    卒業発表後の初めて公の場ということもあって、
    最初は緊張気味でしたが、
    ファンの前であらためて卒業について報告した後は、
    いつものかにょん節が全開。

    冷静に全体を見つめる視点も、
    かななんにダメ出しする毒舌も健在で、
    このまま卒業まで走り続けてほしいと思いましたね。



    ●中西香菜

    ホンワカした雰囲気と、
    可憐なルックスが、
    独特の空気感を醸し出していたかななん。


    関西弁を駆使しながら、
    メンバーから気持ち悪く思われるキャラ全開で

    (ファンの方、ゴメンナサイ)
    観客の笑いを何度も誘っていました。


    また、
    アンコールのMCでは、
    かにょんの後を引き継ぐような発言をして、
    かにょんから「今日、卒業するみたい」と
    言われる一幕も。

    会場は大爆笑で、
    一番和んだ瞬間でしたね。


    ●竹内朱莉

    とにかくパワフルで、
    男前でカッコ良かったタケちゃん。

    体育会系のボーイッシュなキャラは、
    アンジュルムにとって元気の素になってましたね。



    また、
    歌もダンスも安定してきて、
    安心してパートを任せられる存在に。

    3期メンバーが加入したことで、
    パフォーマンスも責任感もアップして、
    一気に成長した感じがしましたね。



    ●勝田里奈

    アンコールのMCでは、
    いつもライブは家に帰る体力を残しているのに
    今回は体力を使い切ってしまい、
    どうやって帰ろうか?と話して
    会場をほのぼのとした笑いで包み込んだりなぷ~。


    何とも掴みどころのない独特なキャラは、
    アンジュルムのスパイス的な存在になっていましたね。



    でも、
    ソロパートはしっかりと歌いこなし、
    ダンスも優雅に舞っていて、
    パフォーマンスでも
    成長の跡を感じさせてくれました。


    特にスローな曲では
    キラリと光る魅力がありましたね。


    ●田村芽実

    パフォーマンスの時のカッコ良さと、
    MCの時の甘えん坊的なギャップが、
    何といっても魅力的だっためいめい。


    3期メンバーが入ってきても、
    末っ娘的なポジションを確保してましたね。


    でも、
    歌声はパワフルで、
    ダンスも大きな動きでキレがあって、
    すでにパフォーマンス力では、
    アンジュルムの中でNo.1かも。


    今後はセンターを務めることも多くなりそうな、
    飛躍の予感を感じさせてくれましたね。



    ●室田瑞希

    3期メンバーの中では、
    歌もダンスも一番安定感があるむろたん。

    今回の武道館ライブでは、
    7/22リリースの新曲を3曲とも披露してくれましたが、
    どの曲でもむろたんのソロパートがあって、
    その存在感は3期メンバーの中ではピカイチでした。


    近い将来、
    あやちょやめいめいと
    ツートップを組む日も近いのかも。


    即戦力としての期待を
    大きく上回る資質の高さを見せてくれましたね。



    ●相川茉穂

    最初のMCから声が途切れ途切れになり、
    涙を見せたのが次のMCの利佳子ちゃんに伝染して、
    利佳子ちゃんから指を指されて怒られたまほまほ。


    一体どうなってしまうのかと心配しましたが、
    その後のパフォーマンスは、
    逆に安定していてさすがでした。


    特に、
    ソロパートでの歌声は
    清々しく澄んでいて
    今後のアンジュルムには大きな武器になるのかも。


    クラシックバレエで培ったダンスもエレガントで、
    アイドル色に染まっていないスキルの高さに
    大器としての期待が高まりましたね。



    ●佐々木莉佳子

    最初のMCでまほまほの涙に誘われてしまい、
    指を指して怒る仕草が子供っぽくて、
    逆に新鮮で愛らしかった利佳子ちゃん。


    でも、
    何度もやり直して最後までMCをやり切り、
    負けん気の強さも見せてくれましたね。


    またパフォーマンスでは、
    元気いっぱいでとにかく目立ってました


    まだまだ粗削りだけど、
    最後までパワーを落とさずに走り切って、
    無尽蔵のエネルギーと無限の可能性を
    感じましたね。



    ということで、
    3期メンバーが加入して
    ますますパワーアップしていることを実感しました。


    相乗効果で、
    メンバーの成長スピードも加速してるし、
    これからのアンジュルムも大いに期待したいですね。


    なおセットリストは、
    以下のとおりでした。

    01.大器晩成
    02.乙女の逆襲 
    03.ミステリーナイト!
    04.夢見る 15歳
    05.地球は今日も愛を育む
    06.魔法使いサリー(新曲)
    07.天真爛漫
    08.ねぇ 先輩
    09.ショートカット
    10.チョトマテクダサイ! 
    11.どうしよう(竹内・田村・佐々木)
    12.シューティングスター(和田・相川)
    13.夕暮れ恋の時間(福田・中西・勝田・室田)
    14.嗚呼 すすきの
    15.私の心 
    16~21.スペシャルメドレー
    初恋の貴方へ→パン屋さんのアルバイト→
    プリーズ ミニスカ ポストウーマン!→ドットビキニ
    →ヤッタルチャン→スキちゃん
    22.私、ちょいとカワイイ裏番長
    23.好きよ、純情反抗期。
    24.有頂天LOVE
    25.同じ時給で働く友達の美人ママ
    26.臥薪嘗胆(新曲)

    アンコール
    27.七転び八起き(新曲)
    28.大器晩成

    0 0

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5

    イメージ 6

    今日(5/28)は、利佳子ちゃんの14歳の誕生日です。

    おめでとう!!!


    とにかく元気いっぱいで、
    ステージを所狭しと跳ね回る利佳子ちゃん。

    5/26のアンジュルム武道館ライブでも、
    パワフルに動き回る姿は、
    とびっきりに輝いていました。


    東日本大震災で被災した辛さを
    微塵も感じさせない明るさには
    見ているこちらまで勇気を貰います。

    これからも、
    利佳子スマイル全開で、
    全速力で輝き続けてほしいですね・・・。

    0 0

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5

    イメージ 6

    今日(5/28)は、りほりほの17歳の誕生日です。

    おめでとう!!!


    伸びやかで艶のある歌声と、
    圧倒的なダンスパフォーマンスで、
    モーニング娘。'15のエースに君臨しているりほりほ。


    娘。内では、
    歌はさくらちゃんとまーちゃん、
    ダンスはあゆみんと激しく争っていますが、
    身近にライバルがいることで、
    お互いに切磋琢磨して日々成長を続けていますね。


    またルックスも、
    シャープな顔立ちでgood!!!


    歌もダンスもルックスも全てがカッコ良くて、
    ハロー!の後輩や研修生の
    憧れの的になっているのもうなづけますね。



    なお、
    これからもスキルアップしていくことで、
    誰もが到達しなかった
    カッコ良さの頂点を目指してほしいところ。


    真摯で真面目で志しの高いりほりほなので、
    アイドル界の頂点に立つことも
    決して夢ではないと期待しています・・・。

    0 0

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    りほりほの歌声はさらにパワーアップし、
    くどぅーは歌唱力が急成長しましたねえ。


    昨日(5/28)、日本武道館で行われた
    『モーニング娘。'15 コンサートツアー春~GRADATION~』の
    ファイナル公演に参戦しました。

    今回のツアーは、
    2日目のオリンパスホールに続いて
    2回目の参戦でしたが、
    ツアー中に成長したと思われるメンバーが何人かいて
    頼もしく感じて嬉しかったですね。


    まずは、
    歌声がさらにパワーアップしたりほりほ。

    ソロパートが増えている感じでしたが、
    最後まで艶やかでパワフルな歌声で、
    エースとして娘。'15を牽引していましたね。


    また、
    2日目に見た時はふっくらした印象でしたが、
    ファイナルでは少し絞ってきた感じ。

    ダンスのスピードとキレは健在で、
    体重の増減はなかったみたいですね。



    一方、
    くどぅーは歌唱力が急成長していました。

    安定感があって、
    やや低音な歌声が伸びやかに響いていましたね。


    ここまで安定感があれば、
    秋ツアーではさらにソロパートが増えるかも
    知れませんね。


    逆に、
    まーちゃんは必死に頑張ってました。

    声が出ずらくなっていることは
    まーちゃん自身がブログで綴っていましたが、
    最後までアイドルボイスは健在でした。

    でも、
    アンコールのMCではガラガラ声でしたし、
    相当辛かったでしょうね。



    なお、
    12期メンバーの中で
    目立っていたのがはーちん。


    優雅で華麗なダンスは、
    フィギュアスケートで培った賜物だと思いますが、
    上品で天然で関西弁のキャラが
    娘。'15のファンにも好評だったのかも。


    12期メンバーの中で、
    最も声援が大きかったと思いました。


    ちなみに、
    5/27はアンジュルム、5/28はモーニング娘。'15が、
    それぞれ日本武道館でライブを行ないましたが、
    どちらもゲストは無しでした。

    (オープニングアクトは各3組が出場)

    武道館ライブは、
    ツアーの一環と捉えていて、
    すでに特別なライブだという意識は
    薄れてきているのかも知れませんね・・・。


    ちなみにセットリストは、
    以下のとおりでした。

    01. 青春小僧が泣いている
    02. One・Two・Three(updated)
    03. ブレインストーミング(updated)
    04. 夕暮れは雨上がり
    05. 時空を超え 宇宙を超え
    06. 女子かしまし物語~モーニング娘。'15ver~
    07. 浪漫 ~MY DEAR BOY~
    08. 好きな先輩(尾形春水・野中美希・牧野真莉愛・羽賀朱音)
    09. 3、2、1 BREAKIN'OUT!(鞘師里保・石田亜佑美・佐藤優樹・小田さくら)
    10. I'm Lucky girl(譜久村聖・生田衣梨奈・鈴木香音・飯窪春菜・工藤遥)
    11. なんちゃって恋愛
    12. 女と男のララバイゲーム
    13. まじですかスカ!
    14. Memory 青春の光
    15. サマーナイトタウン
    16. SONGS
    17. Help me!!
    18. TIKI BUN
    19. リゾナント ブルー
    20. The 摩天楼ショー
    21. 愛の軍団
    22. 君の代わりは居やしない
    23. Password is 0
    24. わがまま 気のまま 愛のジョーク
    25. What is LOVE?

    アンコール
    26. イマココカラ
    27. みかん
    28. 涙ッチ


    0 0

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    色香タップリで、
    フェロモン全開のまのちゃん。


    まのちゃんが本気を出すと、
    セクシー過ぎて
    キケンな香りも感じますね・・・。

    0 0

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5

    イメージ 6

    アンジュルムの3期メンバーの中で、
    一番のしっかり者でスキルも高いむろたん。


    そんなむろたんの初めてのソロブルーレイ
    「e-Hello! 室田瑞希 Blu-ray
    『Greeting ~室田瑞希~』」の
    ダイジェスト動画が公開されています。


    今作は
    むろたんの出身地である千葉県で撮影。

    制服シーンは、
    実際の通学シーンを見ている感じで、
    ちょっとヤンキーが入った
    自然体のむろたんが楽しめますね。



    一方、
    お花畑の中で撮影されたシーンはメルヘンチック。

    清楚なお嬢様風で、
    むろたんとは真逆のイメージがありましたが、
    意外としっくりきて(笑)、新鮮な発見がありました。


    むろたんの多彩な魅力の一端が垣間見えて、
    ブルーレイを買って全編見たくなっちゃいましたね・・・。

    0 0

    イメージ 1


    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5

    イメージ 6

    今回のセットリストの中で、
    「なんちゃって恋愛」、「SONGS」、「リゾナントブルー」と、
    プラチナ期の代表作を披露したモーニング娘。'15。


    プラチナ期のメンバーは、
    圧倒的なパフォーマンスとカッコ良さで魅了していましたが、
    今回の武道館ライブでは、
    「なんちゃって恋愛」はプラチナ期を超えていたかも。


    歌もダンスもハイレベルが要求される難曲ですが、
    優雅さにキレが加わったダンスと、
    りほりほ、さくらちゃん、まーちゃんを中心にした歌唱力は、
    鳥肌が立つほどの凄味がありましたね。


    なお、
    アンコール後のMCでエースのりほりほは、
    「ツアーが始まる前は『モーニング娘。』という
    名前に負けているんじゃないか、
    お客さんが来てれないんじゃないかと怖かった。
    でも、ツアーを重ねる中で自信がついてきました」

    と語っていました。

    そして、それを受けたリーダーのフクちゃんは、
    「ツアー初日からいろんな場所で
    いろんなファンの方たちが応援してくれて、
    最後に日本武道館でこんなにも素敵な景色を
    見ることができて、本当にうれしいです。
    私たちはまだまだ始まったばかりで、
    13人ひとりひとりがもっと色を付けていきたいと思います。
    これからも私たちを13色のサイリウムで輝かせてください!」

    と締めくくりました。


    う~ん、
    まだまだ成長を続ける娘。'15に、
    これからも全力でエールを送りたいと思いましたね・・・。



    なお武道館ライブのセットリストを、
    あらためて以下に示します。

    01.青春小僧が泣いている
    02.One・Two・Three
    03.ブレインストーミング
    04.夕暮れは雨上がり
    05.時空を超え 宇宙を超え
    06.女子かしまし物語~モーニング娘。’15ver~
    07.浪漫 ~MY DEAR BOY~
    08.好きな先輩(尾形、野中、牧野、羽賀)
    09.
    ~3、2、1 BREAKIN’OUT!(鞘師、石田、佐藤、小田)
    ~I’m Lucky girl(譜久村、生田、鈴木、飯窪、工藤)
    10.なんちゃって恋愛(9期、10期、11期)
    11.女と男のララバイゲーム
    12.まじですかスカ!
    13.Memory 青春の光(佐藤、小田、尾形、野中、牧野、羽賀)
    14.サマーナイトタウン(譜久村、生田、鞘師、鈴木、飯窪、石田、工藤)
    15.SONGS
    16.Help me!!
    17.TIKI BUN
    18.リゾナント ブルー
    19.The 摩天楼ショー
    20.愛の軍団
    21.君の代わりは居やしない
    22.Password is 0
    23.わがまま 気のまま 愛のジョーク
    24.What is LOVE?
    EN1.イマココカラ
    EN2.みかん
    EN3.涙ッチ


    0 0

    イメージ 1

    イメージ 2

    『映画 みんな!エスパーだよ!』で、
    まのちゃんはオールアップ!


    まのちゃんは笑顔で
    ピースサインですね。


    お疲れ様でした!!!

    0 0

    イメージ 1

    パンケーキにお寿司にベジ丼と、
    食べ物に話しになると
    なっちは止まらなくなりますねえ。


    5/24にbayfmさんで放送された
    なっちのレギュラーラジオ番組
    『あなたに会えたら』の第313回を
    6日遅れでインターネットラジオで聴きました。

    さて今回は、
    美味しいパンケーキ屋さんの話し、
    お寿司屋さんの話し、
    ベジ丼のイベントの話し、
    そして大量のハンガーが出てきた話しが
    面白かったですね。


    まずは、
    美味しいパンケーキ屋さんの話し。

    なっちは最近、
    美味しいパンケーキ屋さんを見つけて、
    仕事が早く終わったりすると、
    すぐに行ってしまうとのこと。



    そのお店は自然素材を使っていて、
    小麦粉も手作りなんだとか。

    薄いけどもっちりしていて、
    レモン汁を絞って食べているそうです。


    またお店の空間も良くて、
    あまり混んでいないのも良いとのこと。

    混んでいるお店は、
    なっちは苦手みたいですね。


    一方、
    美味しいお寿司屋さんにも入ったとか。

    カウンターでお寿司を食べたようですが、
    赤酢を使っていて、
    いや~美味しかった!
    もうね!美味しかったと絶賛でしたね。



    なお、
    なっちは貝類は得意じゃないそうですが、
    お任せで出てきたトリ貝は美味しかったとのこと。

    また、
    白アナゴやお椀も美味しかったようで、
    癒された~!と実感がこもっていましたね。


    さらに先日、
    吉野家のベジ丼のイベントに出演したなっち。
    (眼球のケガでニュースになってしまいましたが)

    ベジ丼、ベジ牛、ベジカレーとあるそうで、
    11種類の野菜を使っていておススメだそうです。


    なっち曰く、
    夜遅くなるとお店が閉まってしまって、
    ラーメン屋さんぐらいしか開いてないけど、
    24H営業の吉野家なら、
    ベジ丼で野菜が摂取出来るのが良いと思ったとのこと。


    女性にはちょっと入りづらいかも知れないけど、
    このベジ丼をきっかけに入って貰いたいし、
    ヘルシーで美味しいとアピールしていましたね。



    なお話しは変わって、
    なっちは先日、
    クローゼットの整理をしていたら、
    凄い量のハンガーが出てきたとのこと。


    50本以上出てきたとか。


    方向を合わせてテープで止めて、
    束ねて捨てたそうですが、
    大変だったと語っていました。

    整理整頓が大好きななっちですが、
    さすがに凄い量でうんざりしてしまったのかも
    知れませんね。



    ということで、
    今回は食べ物の話題が多かったです。

    食いしん坊ななっちなので、
    話しが止まらなくなっていましたね・・・(笑)。

    0 0

    イメージ 1


    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    2014年には富士山山頂ライブに
    陸上自衛隊の教練体験などに挑戦しましたが、
    今回はさらに過酷なホノルル駅伝に挑戦し、
    まさにアスリート系アイドルとして突っ走っていますねえ。


    5/31にハワイ・ホノルルで行われた
    『ホノルル駅伝&音楽フェス2015』にアプガが出場し、
    メンバー全員で駅伝を完走し、
    さらに熱狂的な野外ライブを繰り広げました。


    本来6人でチームを組み、
    それぞれが各区間を走破するのがベストですが、
    アプガは7人組のため、
    チームを2つに分けてハンデキャップを背負って挑戦。



    古川小夏、森咲樹、佐保明梨の3人は、
    はやぶさのような素早さで
    駆け抜けたいという思いから
    「チーム・超はやぶさ」を命名。


    一方、
    仙石みなみ、佐藤綾乃、関根梓、新井愛瞳の4人は、
    日本らしさを世界にアピールするために
    「チーム・忍JAPAN」という名前で駅伝に出場したとのこと。



    ほとんどのメンバーが、
    2区間を走るハンデキャップで頑張りましたが、
    「超はやぶさ」が189組中79位、
    「忍JAPAN」が130位という結果で
    見事全員完走でゴールしたそうです。


    さらに駅伝終了50分後には、
    ゴール地点のカピオラニ公園バンドスタンドのステージで
    アプガのライブを開催。



    駅伝での疲れをまったく感じさせない
    パワフルなパフォーマンスで、
    日本から駆け付けたファンはもちろん、
    駅伝に参加した海外の参加者の心も
    震わせるような熱いライブだったとか。


    「UPPER ROCK」、「アップアップタイフーン」、
    「美女の野獣」、「全力!Pump Up!!」を
    青空の下で歌い上げたみたいですね。


    アプガのメンバー全員、
    お疲れ様でした・・・。

    0 0

    イメージ 1

    『TRIANGLE-トライアングル-』の
    舞台稽古でのひとコマ。


    6/18の初日が徐々に迫ってきて、
    くどぅーもまーさも
    そろそろエンジンがかかりそうですね・・・。

    0 0

    イメージ 1

    『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』、
    『新宿スワン』、『リアル鬼ごっこ』、
    『映画 みんな!エスパーだよ!』と出演映画が目白押しで、
    まのちゃんは女優さんとして大忙しですねえ。


    5月1日に公開された映画
    『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』で
    主役の泉野 明を演じたまのちゃん。


    5月30日に公開となったばかりの映画『新宿スワン』では、
    まのちゃんはキャバ嬢・栄子を演じています。



    また、
    5月12日からスタートしている
    NHKBSプレミアム『ランチのアッコちゃん』では、
    6月2日放送回より出演。


    さらに、
    7月11日には、
    映画『リアル鬼ごっこ』が全国ロードショーとなり、
    まのちゃんはトリンドル玲奈さん、篠田麻里子さんとともに
    主演を務めています。



    さらにさらに、
    9月4日からは『映画 みんな!エスパーだよ!』が全国公開され、
    まのちゃんはTVシリーズから引き続いて
    浅見紗英役で出演。


    う~ん、
    まさに引っ張りダコの目白押し状態で
    まのちゃんは女優さんとして大忙しですね・・・。


    0 0

    イメージ 1

    日本を代表するロックフェスへの出演で、
    ℃-uteのハイレベルパフォーマンスが、
    ロックファンにどう映るか楽しみですねえ。


    今年も2015年8月1日(土)~2日(日)、
    2015年8月8日(土)~9日(日)の4日間に渡って
    国営ひたち海浜公園で、
    『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015』
    が開催されます。
    そして、
    ライブアクト全出演アーティスト発表がされ、
    ℃-ute、チームしゃちほこ、でんぱ組.incら
    アイドル勢が出場することがわかりました。


    う~ん、
    日本を代表するロックフェスで、
    ℃-uteのハイレベルパフォーマンスが

    どう受け入れられるか楽しみです。

    ロックファンのハートを掴んで、
    ますます人気が高まることを期待したいですね・・・。

    0 0

    イメージ 1

    去年はなっちとLoVendoЯが出演したステージに
    今年はまのちゃんが立つことになるんですねえ。


    8月29日と30日にタイ・バンコクで開催される
    日本のポップカルチャーのフェスティバル
    『ジャパンフェスタ イン バンコク 2015』に
    出演が決定したまのちゃん。


    まのちゃん曰く、
    「タイはずっと行きたいなーって
    言っていたんですけど、なかなか機会がなく、
    やっと今年行けるということで、
    みなさんに会えることを楽しみにしています。」

    とのこと。


    なお、
    昨年のジャパンフェスタ イン バンコクは、
    2日間で25万人動員の大盛況。


    今年はまのちゃんが盛り上げれば、
    日本での歌手活動にも
    再び追い風が吹くかも知れませんね・・・。

    0 0

    イメージ 1

    ガンをつけてくる
    尾形少年と工藤青年。


    舞台『TRIANGLE-トライアングル-』って、
    こういう作品なんでしたっけ?(笑)

    特に、
    普段は優しい眼差しの
    はーちんの目つきが恐いですね。


    これって、
    フィギュアスケートで培った
    負けん気の強さなのかな・・・?

    0 0

    イメージ 1

    水曜歌謡祭は、
    ずっとリハーサルをしている感じで、
    リハの延長でそのまま本番になる感じだと
    話していましたねえ。


    5/31にbayfmさんで放送された
    なっちのレギュラーラジオ番組
    『あなたに会えたら』の第314回を
    インターネットラジオで聴きました。

    さて今回は、
    5月は充実していた話し、
    グレゴリー・ポーターさんに会った話し、
    水曜歌謡祭の話し、
    そしてなっち&クリスの話しが
    面白かったですね。


    まずは、
    5月は充実していた話し。

    なっち曰く、
    5月は濃くてアッという間だったとのこと。



    朗読劇から始まって、
    FCイベントに、
    ニューアルバムのレコーディング。


    目をケガして、
    水曜歌謡祭に2週連続で出演と、
    目まぐるしい忙しさだったと思いますが、
    天気も相俟って充実していたと話していましたね。


    すごく調子がいい感じで仕事が進んだし、
    友達とかにも会えて、
    息抜きも出来たそうです。


    また5/22には、
    Gregory Porterさんのライブを観ラために、
    Blue note Tokyoへ行って来たなっち。

    急にライブ後に、
    そのグレゴリー・ポーターさんと
    会えることになったけど、
    お酒を飲んでいたので
    ポーっとした状態で会ったとのこと。


    なおグレゴリーさんは、
    すごく大きい人だったとか。

    ギュッとしがみつきたい感じだったけど、
    その気持ちを抑え込んで
    一緒に写真を撮ったそうです。


    なっちにそういう風に思われるなんて、
    何とも羨ましいですね。



    一方、
    最近は水曜歌謡祭に出演する
    機会が多いなっち。


    サウンドチェック、カメラチェックと、
    番組はずっとリハーサルをしている感じで、
    共演者との音のキー合わせもあって、
    リハの延長で本番を迎える感じだそうです。


    もちろん本番は凄く緊張感があるし、
    ステージを動き回るので、
    移動動線も覚えなくてはならないとのことで、
    かなり大変みたいですね。



    でも、
    いろんなアーティストの方と共演できるし、
    オンエア以外で話すことも出来て楽しいとか。


    先日共演した青山テルマさんとは、
    笑いのツボがなっちと同じで、
    テルマさんはずっと笑っていたと話していましたね。



    なお番組の中で、
    クリス・ハートさんと、
    「なっち&クリス」という新ユニットを
    結成したなっち。


    水曜歌謡祭で最初に共演した時に、
    お互いにまた何か一緒に出来るといいねと
    話していたそうなので、
    今回の新ユニット結成は
    ウェルカムだったのではないでしょうか。

    今では、
    アルバムを交換するほどの仲で、
    ニューアルバムが完成したら、
    またぜひ渡したいと話していましたね。


    ということで、
    今回は水曜歌謡祭に関する話しが多かったです。

    歌手・安倍なつみをアピールする絶好の機会なので、
    これからも大いに出演してほしいですね・・・。

    0 0

    イメージ 1

    イメージ 2

    イメージ 3

    イメージ 4

    イメージ 5

    イメージ 6

    『Top Yell 7月号』は、
    モーニング娘。'15の大特集!!!


    まずは、
    娘。12期メンバーと
    ”いい先輩キャンペーン”実施中のえりぽんと、
    12期がものすごく慕っているくどぅーのインタビュー。


    今回の春ツアーを経て、
    12期メンバーがどのように成長していったのか、
    興味深い記事になっているみたいですね・・・。

older | 1 | .... | 72 | 73 | (Page 74) | 75 | 76 | .... | 174 | newer